コーテック株式会社は、インテリア、衣料素材、産業資材を中心とした、機能性を繊維に付与する特殊加工が得意な企業です。

会社案内

COMPANY

HOME  会社案内

会社概要  COMPANY PROFILE

社 名 コーテック株式会社
所在地 〒503-0847 
岐阜県大垣市米野町3-30
電話番号 0584-89-1611
FAX 0584-89-1606
創 立 1952年8月21日
資本金 8,000万円
売上高 25億4,000万円(平成30年5月実績)
社員数 167名(男121名 女46名)
役員構成 代表取締役会長    朝田 惠子
取締役社長      朝田 貴久美
常務取締役      近藤 定好
取締役生産部長    白木 英明
取締役営業部長    小野 浩一
取締役管理部長    柳瀬 浩一
事業内容 染色整理、樹脂含浸、コーティング技術をベースにした衣料用副素材、インテリアファブリックス、自動車内装資材、産業資材等、様々な用途に用いられる繊維素材の加工
企業理念 わたくしたちは、たゆまぬ技術開発を通して、お互いの人格を磨き、豊かで潤いのある未来の創造に寄与します

会社沿革  COMPANY HISTORY

昭和27年 8月 大垣市世安町1丁目にて大垣整染株式会社を創立
昭和28年 2月 火入式挙行。毛、麻芯地の整理染色の緒につく
昭和29年 7月 社名を晃和整染株式会社に変更する
昭和30年 5月 防縮加工ロンドンシュランクを発表する
昭和33年 6月 樹脂加工による防縮加工ニューロンドンシュランクを発表する
昭和38年 5月 ワンセットを発表する(JISL-1042D法による収縮率1%以内の防縮加工)
昭和42年 5月 接着加工K.Bセットを発表する
昭和46年 4月 大垣市世安町より大垣市米野町への全面移転を完了する
昭和46年12月 サラジン・パウダーポイントコーティングマシンを輸入する
昭和47年 1月 防炎加工適合施設登録証を財団法人日本防炎協会より受ける
昭和48年 5月 難燃繊維カネカロンの指定工場になる
昭和48年11月 新型汚水処理装置完成する
昭和49年 8月 シャツ分野のトップフューズ加工を開発する
昭和52年 1月 ディスパージョン加工(ペーストドットコーティング)の開発を始める
昭和53年 5月 ニューサラジン・パウダーポイントコーティングマシン稼働する
昭和55年 4月 東レカーテン・アンフラⅢ・HB加工の指定工場になる
昭和55年 8月 東レカーテン・マシンエース加工の指定工場になる
昭和57年 5月 仕上巾3.10mテンター新設稼働する
昭和58年 3月 コーティングラミネート機稼働する
昭和63年 2月 創立35周年記念式典を挙行、CIを発表し社名を晃和整染株式会社からコーテック株式会社に変更、
大垣市船町「奥の細道むすびの地」に於いて、「芭蕉翁と木因翁」のブロンズ像を建立し、大垣市へ寄贈
平成 4年 7月 マルチコーター稼働する
平成 4年11月 ユーロドル建普通社債1,000万ドル発行
平成 5年 7月 仕上巾2.4mテンター稼働する
平成 6年 8月 倍額増資し、資本金8,000万円となる
平成 6年11月 成形機稼働する
平成 7年 8月 転写プリント機・モアレ加工機稼働する
平成 7年 9月 モアレ加工機稼働する
平成11年10月 接着樹脂加工機稼働する
平成13年11月 プリーツ加工機稼働する
平成15年 8月 コーティング加工機(NC-3号)稼働する
平成17年 6月 仕上巾2.4mテンター(SWT)稼働する
平成17年 6月 ISO9001:2000(品質マネジメントシステム)認証取得する
平成18年 2月 自動調色、調液システムを更新する
平成18年 8月 3.6m巾連続水洗機(TW)稼働する
平成19年10月 ものづくり岐阜テクノフェアに出展する
平成22年10月 メーテレ(名古屋テレビ)番組「サクセス」にコーテックが紹介される
平成25年10月 インクジェットプリンター(水性顔料)1号機稼働する
平成26年 5月 インクジェットプリンター(水性顔料)2号機稼働する
平成26年12月 インクジェットプリンター(水性顔料)3号機稼働する
インクジェットプリンター(昇華転写)4号機稼働する
平成28年 4月 転写プリント2号機稼働する
新工務室完成する
平成28年 9月 コーティング加工機(NC-4号)稼働する
平成28年10月 高圧染色機(MRJ-1号)稼働する
平成30年 1月 高圧染色機(MRJ-2号)稼働する
平成30年 5月 新工場(第8棟)完成する
平成30年 7月 仕上巾3.6mテンター(WT2)稼働する